時計はファッション用品

言うまでもなく時計とは「時」を「計」る装置です。従って時間を確認するのが第一の用途のように思われがちですが、腕時計や懐中時計の場合は必ずしもそうではありません。つまり、腕時計はファッションの一要素でもあるのです。場合によっては、時間確認機能よりもファッション面の比重が大きいことさえあります。

かつて時計は宝石だった

今でこそクオーツ式・電池式が普通になりましたが、かつては時計といえば機械式時計のことでした。ゼンマイ動力を一定のリズムに調整することは、決して容易なことではありません。精緻な部品を組み合わせて作り上げられた機械式時計は、人の手になる宝石とさえ呼ばれていたのです。その人造宝石が、天然の宝石たる水晶によって代替されてしまったのは皮肉と言わなくてはなりませんね。現在でも時計店が宝石を扱っているのはその名残なのです。

居間でも宝石として扱われている

そうした経緯もあって、時計はファッション上でも宝石と同等の価値を持ってきました。女性の格が持っている宝石で示されるように、男性の格式は腕時計によって表されてきた、と言っても過言ではないのです。実際に水晶という宝石を内包していることを考えるならば、現代でもクオーツ時計は指輪や首飾りの台と同等なのかもしれません。

ブランドを賢く買おう

宝石を使った装身具と同じように、時計にもブランドというものがあります。宝石の希少性に依存しない時計の場合、ブランドの価値は技術とデザインセンスに直結しています。ゆえに、ブランドの持つ重みは宝石以上といえるかもしれません。時計ブランドのほとんどは海外製であるため、通貨レートなどにも注意しながら信頼できる代理店を選び、賢く購入したいものです。

航空時計としてパイロットたちに愛用されてきたブライトリング。長年使い続けても飽きのこない普遍的でエレガンスなデザインが魅力です。