メーカーにオーバーホールを依頼すると高い

3年ごとにオーバーホールが必要な機械式時計は、オーバーホール費用として交換が必要な部品代に加えて2万円から5万円程度は少なくとも必要です。メーカーへオーバーホール依頼をすると、純正パーツでパーツ交換を行なってもらえるものの、時計店に出すよりも費用が1.5倍から2倍となる店に気をつけなければなりません。一度時計店で修理を行なった機械式時計については、メーカーでは保証対象外となることも多いので、純正パーツによる修理に拘るならばメーカーへオーバーホールも依頼しましょう。

時計店に依頼する時には時計職人にこだわろう

機械式時計のオーバーホールは、高級時計ほど内部構造が複雑となるので、腕利き時計職人が必要となります。時計店に依頼する際には、オーバーホール実績と持ち込む機械式時計について詳しいことがオーバーホールを任せる基準です。高級機械式時計ほど時計職人を選ぶことになるので、信頼できる時計職人を確保しなければ、高級機械式時計を保有出来ないと考えても良いでしょう。オーバーホールにより内部の劣化した潤滑油だけでなく、部品ごとの摩耗を考慮したパーツ交換が必要です。

ネットの修理店は宅配事故に注意

過去の修理履歴からメーカーに出せず、腕利き時計職人も確保出来ない場合には、最後の手段としてネット上で営業している修理店へ依頼する方法があります。店舗の場所に影響されることなくオーバーホールを依頼出来るメリットがありますが、大事な機械式時計を宅配便でやり取りすることになるので、運送保険を掛けておくことや高級機械式時計ほど輸送手段が限られます。なぜなら、機械式時計は振動や衝撃に弱いので、宅配便による破損があるからです。

ウブロはスイスの時計ブランドです。ブランドの名前の由来は、フランス語で舷窓を意味する言葉からきています。伝統と新しさがデザインの特徴です。