ペットのことを考えた対応をしているか

ペットショップで犬の購入を検討するならば、お店の選び方を知っておきましょう。まず、子犬はデリケートな生き物なのですぐ抱っこさせないことが大事です。何度も抱かれることは子犬にとってストレスで、感染病の危険性もあります。そのため、ある程度話をした後に触らせるペットショップであることが、良質なお店の判断基準のひとつです。顧客に除菌スプレーなどを使わせた後に、触らせるお店ならばより信頼できます。この他、子犬同士が遊ぶプレイルームが用意されているか問い合わせておきましょう。他の子犬同士で遊ぶことは社会性を学ぶために大切なことなので、遊ばせる環境があることはペットの将来を考えたお店であると判断可能です。

ペットショップの清潔具合をみる

ペットショップの店内に動物の排泄物がないか調べておきましょう。しっかり片付けられていないお店は、店員の手が回っていないといえます。また、小さいころから排泄物に抵抗がない状態で育つと購入した後に上手くしつけできないことがあるので、店内が清潔な状態であることは重要です。ショーケースの中が綺麗であることはもちろんですが、ケースの外側も綺麗に掃除されているかチェックしましょう。

スタッフの対応を確認

いろいろな犬種を取り扱っているペットショップは、それぞれの特徴に詳しいスタッフが在籍していることが大切です。購入後も知識が豊富なスタッフがいれば、分からないことや不安なことを質問することができます。販売員としてだけでなく、生き物を取り扱うための教育がされたお店にしましょう。

犬や猫、熱帯魚や小鳥、変わったところだと亀やトカゲなど、ペットショップはいろんな動物を扱っています。ペットを買いに行くだけでなく、ペットが病気になったときにも相談できる、とても頼れる存在です。