定期健診を行うことが健康と長寿に繋がる

どんな生き物であっても、生きている限り何らかの病気に対するリスクというのはあります。動物も人間と同じように年齢を重ねるごとにリスクも高くなるので日ごろのケアが重要です。一般的に犬や猫などの動物は1年に1度は動物病院で健康診断を受けることが望ましいとされています。とはいえ、動物は人間のおよそ5倍ものスピードで年齢を重ねる生き物なので、人間に例えたら5年に1度しか健康診断を受けていないのと同じです。

そのため、若い年齢の時はそのペースでも問題はありませんが、高齢になって病気へもリスクが高まってきたら年に数回は健康診断を行うことが望ましいと言えます。言葉を発せない動物は体調不良や病気になってもそれを伝える術がありません。大切な家族が少しでも長く健康で生きられるように、飼い主が責任を持って健康管理をしてあげることが大切です。

病気の予防に欠かせないワクチン接種

日本では犬やなどの病気の予防として年に1回のワクチンの接種が推奨されています。一口にワクチンと言ってもいくつ物種類があって、ワクチンの種類ごとに予防できる病気が異なるのです。人間が病気の発症に個人差があるように、動物もどういった病気になるかは専門家でもわかりません。そのため、できる限り多くのワクチンを接種することが病気へのリスクを減らすことに繋がると言えます。

愛犬の場合はフィラリアにも注意が必要です。フィラリアは蚊を媒介として感染する寄生虫で、一度感染してしまうと心臓疾患などを引き起こしてしまうことが考えられます。以前は犬の平均寿命が少ない理由の一つがフィラリアによる感染と言われていました。しかし、医学の進歩によって現在では完全に予防できるので安心です。

千葉の動物病院は丁寧で優しい診療をしてくれる病院が多くあります。もしもの時も安心して受診することができます。